サロンのブログをどう書いたらいい?:2つのヒント

セラピストサポートダイアリー イメージ画像

個人セラピストであるならば、ブログは必須だと最近は考えています。

なぜでしょうか?

それはやはり「集客」のため、ということになりますが、それにもいくつか理由があります。

ここでは2つのポイントに絞ってご紹介したいと思います。

  • ホームページへのアクセスアップ
  • セラピストと人となりを知ってもらう

おおまかに分けるとこのような目的を持って書いていかれると良いと思います。

順番に説明していきますね。

ホームページへのアクセスアップ

ホームページへのアクセスアップといえば「SEO」と考えるセラピストが多いようです。

例えば渋谷でリラクゼーションサロンをやっていらっしゃるならば「渋谷 肩こり」などで検索されたときにあなたのサロンのホームページが上位に表示されれば集客効果が見込めますよね。

しかしこれは誰しもが考えていることですから、誰でもが簡単に実現できるというものではありません。

ではどうしたらいいのか?

ブログをきちんと書くということにより、アクセスアップを狙っていくことができます。

実はブログをまったく書かなくても集客できるサロンもあります。

しかしそれはもしかしたら「たまたま(近くに競合するサロンがいまのところないだけ)」かもしれません。

そんなとき、こつこつとブログを書き続けていくということは、インターネットからの集客面において安定的な作用をもたらす可能性が高い、と感じます。

セラピストと人となりを知ってもらう

実は「いますぐサロンにいきたい!」というお客さんは、それほど多くいらっしゃいません。

いや「そのうちいってみたいな」というお客さんが圧倒的に多い、といえば良いでしょうか?

あなたのサロンのホームページを見てくださって、「いいな、いつかいってみたいな」と感じてくださり、その「いつか」がやってくるまでをつなぐもの。

それがブログです。

施術やセラピー、セッションなどのサロンの仕事というのは、どんなものを提供しているかだけではなく、どんな人が提供しているのか?というとこにもチェックが入ります。

結局、人となりがあわなそうであれば、お客さまはいらっしゃらないこともあるのです。

ですから、私たちのほうからそれを開示して、あらかじめお客さまの不安を期待に変えていけるようにしていく。

こうすることにより、長くおつきあいさせていただける素敵なお客さまとの出会いも生まれやすくなります。

「ブログは何がいいんですか?」

世の中にはさまざまな無料ブログサービスがありますが、いったいどれが良いのでしょうか?

私の意見は、「まずは内容が大切」というもので、そのうえで…

サロンを開業して公式なブログをはじめるのであれば、ブログのアドレスに準じた、いわゆる「独自ドメインのブログ」をオススメしています。

下記の記事にとても分かりやすく解説してあります。

まとめ

まとめますと、ブログはきちんと書いていくことにより、あなたのサロンの売り上げを支える重要な媒体となり得ます。

よろしければ、下記の記事も参考にしてみてください。

サロンのブログをどう書いたらいい?:2つのヒント」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: セラピスト サポート ダイアリー » アメブロの商用利用禁止について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA